環状列石をイメージして配置された灯籠の輪=26日夕、青森市のあおもり駅前ビーチ
「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録を記念し、土偶を模した灯籠も飾られた

 青森市の冬を盛り上げる光のイベント「あおもり灯(あか)りと紙のページェント」が26日夕、青森駅前周辺で始まった。今回は世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」をテーマに灯籠を飾るなどしており、市民らが海辺を彩る幻想的な「縄文の明かり」を楽しんだ。来年2月6日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。