オンライン会議に臨む熊谷市長(左から2人目)ら八戸市側の出席者

 フェリー航路で結ばれ、2018年に交流連携協定を結んだ青森県八戸市と北海道苫小牧市が26日、交流事業を話し合う「はちとまネットワーク会議」をオンラインで開いた。来月18日に全線開通する三陸沿岸道路(仙台市-八戸市)を活用した物流促進や、今月開館した八戸市美術館を活用した文化分野での連携を進めることなどを確認した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から