雪が降る様子を表現した振り付けを実演する佐藤会長(右)ら

 静岡県熱海市で今月開かれた「民踊指導者研究集会」で、県民踊団体連絡協議会の佐藤令子会長ら3人が青森市の盆踊り「雪街音頭」を参加者500人に指導した。佐藤会長は「青森市の踊りが、全国から集まった人々に踊ってもらえることはすごいこと」と今後の広がりに期待を示す。26日、佐藤会長ら関係者が青森市役所の小野寺晃彦市長を訪ね、研究集会の様子を報告した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から