送迎デッキでカメラを構え、米軍機や自衛隊機を撮影する航空ファン=10月
送迎デッキの入り口にある料金徴収ゲート=16日

 滑走路を米軍と航空自衛隊、民間航空が共用しており、さまざまな航空機を撮影しようと、青森県内外から航空ファンが集まる三沢空港(三沢市)屋上の送迎デッキ。東北6県にある主要空港で、デッキの入場料を徴収しているのが三沢だけであることは、あまり知られていない。なぜ三沢だけが有料なのか。利用者はどう受け止めているのか。関係者に聞いてみた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。