8月に下北、上北で被害が発生した大雨災害に関し、青森県や日本赤十字社県支部、県共同募金会が募っている義援金の配分を決める委員会が25日、県庁で開かれた。10月末現在、3者に集まった義援金は計3964万5968円。住宅被害があったむつ市、七戸町、風間浦村の3市町村に、義援金から計3960万4千円を1次配分することを決めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から