「悪い意味の人間中心主義、これを批判するというのが私の中にある」と話す立川武蔵さん

国立民族学博物館名誉教授の立川武蔵さんが「仏教研究の集成」と位置付ける新著「仏教史」(全2巻、西日本出版社)は、仏教の生涯が「消滅の時期に差し掛かっているようです」との刺激的な言葉で幕を開ける。だが…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から