記念品を受け取った(右から)種市さん、八島さん、疋田さんと福田眞作弘大学長

 新型コロナウイルスの影響で経済的に困っている学生のため、弘前大学が昨年から学内で提供してきた「100円夕食」と「100円昼食弁当」の累計が24日、10万食を達成した。地域の住民や企業、卒業生など約3千人・団体からの寄付金3500万円で賄ってきた。来年2月まで続く予定で、学生からは「コロナで大変な中、とてもありがたい」と感謝の言葉が上がっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。