県立中央病院(青森市)と青森市民病院の将来像について、医師や病院経営の専門家らでつくる協議会は、両病院を統合した新病院を新築し共同経営する方向性が最も望ましいと県、青森市に提言した。両病院に共通する慢性的な医療従事者不足に加え、県病は都道府県立病院として全国で最も古い建物の老朽化対策、市民病院は長年の赤字経営からの脱却と、それぞれが抱える課題の対応にも迫られている。協議会は、人口減少が進む中で、両病院が個別に存続する道は難しいと早い段階で一致。県と市に早期の協議を提言しているものの、両者は結論を出す時期を明らかにしていない。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。