小売業界の再編などについて所見を語る三浦社長

 スーパー「ユニバース」(青森県八戸市)の三浦絋一社長は27日までに東奥日報紙取材に応じ、人口減で競争激化が予想される小売業界では統合など業界再編は今後も進むと指摘した。その上で、「マエダ」(むつ市)の「みなとや」(八戸市)買収について、店舗当たりの生産性(営業利益)でユニバースが優位に立てるとの見方を示した。また、28日発売の減塩カップ麺など食品メーカーとの共同開発商品が同業他社との差別化を図る武器になるとした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)