イチイやツツジの雪囲いを設置する職員
来年の干支・寅にちなんだ雪吊りの頭飾り

 青森県弘前市の弘前公園で24日、園内の樹木を雪の重さや寒さなどから守る雪囲いの設置が始まった。市公園緑地課の職員ら約30人が、雪がちらつく中、手際よく作業を進めた。12月中旬ごろまで、ツツジやシャクナゲなど低木類約3万本に囲いを、本丸のマツなど約40本に雪吊(つ)りを施す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。