「海辺のカシス」「福浦の歌舞伎ブラック」を検品する有志ら

 青森県佐井村の有志が栽培したホップを使ったクラフトビールが今年も完成した。19日、委託醸造先の岩手県の会社から2種類のビールが同村に届き、有志らが検品作業を行った。醸造する3商品のうち2種類の先行販売が20日、村内商店で始まった。今後初めてのインターネット販売をするほか、村外の土産物店や飲食店などで手に取れるようになる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から