大量合成技術の確立に成功したチタン酸化物(右)。同じ元素で構成する酸化チタン(左)は白く、電導性がない

 弘前大学と岩手大学の研究グループは、環境負荷が少ない特長がある燃料電池の電極に使う触媒の新素材を、大量かつ安価に合成する技術の開発に成功した。旧来の電極素材を使った燃料電池車には高価な電圧制御装置を取り付ける必要があるが、新素材ではその必要がなくなる。研究が進めば貴金属である白金の使用量を大きく減らす可能性もあり、全体で車体価格を数十万円単位で引き下げる効果が期待されている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。