「鍾馗百図ぬりえ」を手に持ち、「多くの人に鍾馗さまを知ってもらいたい」と話す竹浪さん=青森市

 青森市のねぶた師・竹浪比呂央さん(62)が運営する「竹浪比呂央ねぶた研究所」が、今年1月に刊行した画集「鍾馗(しょうき)百図」を基にした塗り絵を発売した。「鍾馗」とは、疫病や病魔を払う鬼神のこと。竹浪さんは「思い思いに色を塗って、皆さんそれぞれの作品にしてほしい」と話している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。