俳人成田千空の作品世界について語る横澤放川さん=23日、弘前市立郷土文学館

 青森県五所川原市を拠点に、津軽の風土や人々を詠んだ俳人成田千空(せんくう)(1921~2007年)の企画展「生誕一〇〇年 成田千空展」を開いている弘前市立郷土文学館で23日、俳句結社「森の座」代表の横澤放川(ほうせん)さん(埼玉県)の講演会が行われた。長年交流のあった横澤さんは「自己否定を遂げ、目に見えただけの風土の観念を超えた千空俳句は底が深く厚みがあった」と語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から