定例記者会見で、津軽岩木スカイラインの除雪について質問に答える桜田市長

 民営の有料道路「津軽岩木スカイライン」の青森県弘前市による除雪について、桜田宏市長は22日の定例記者会見で「市の通常業務の範囲で対応したもので、特段予算化もしていない。市議会に説明する内容のものではない」との認識を示した。同有料道の除雪を巡っては、行政学の有識者や一部市議が、事前に除雪を市議会に説明しなかった市の対応は不十分-と指摘していた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から