「いのちの電話」の電話相談を受けるデスクに座るスタッフの女性

さまざまな悩みにボランティアの相談員が耳を傾け、自殺の予防に大きな役割を果たしてきた「いのちの電話」の取り組みが、50年の節目を迎えた。東京で始まり、現在全国で計50団体が活動。新型コロナウイルス禍…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から