ほぼ水没した状態で八戸沖に残っている座礁船の船尾側船体。潜水士が作業中に爆発が起きた=21日午後3時20分、八戸市

 八戸沖で座礁し、ほぼ沈んだ状態となっているパナマ船籍の貨物船「クリムゾン ポラリス」(3万9910トン)の船尾部で、21日午前9時すぎ、潜水士が潜水作業中にガス爆発が起きたと119番通報があった。男性潜水士(61)=東京都在住=1人がけがをし、青森県八戸市内の病院へ運ばれた。爆発の原因や船体の損傷程度は分かっていないが、大規模ではないもよう。八戸海上保安部が調査している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。