【青森山田-清水ユース】後半、セットプレーから青森山田のDF丸山(右手前から2人目)がヘディングシュートを放つも決定力を欠いた=青森山田高グラウンド

 サッカーの高校年代日本一を争う高円宮杯プレミアリーグは21日、全国各地で第16節8試合を行った。ホーム最終戦を迎えた東地区首位の青森山田は、4連勝中の2位清水ユース(静岡県)と同校グラウンドで対戦。序盤から押し込んで14本のシュートを放ったものの、決定力を欠き、0-2で今季2敗目を喫した。青森山田は清水に首位の座を譲ったが、残り3試合を全て勝利すれば自力優勝の可能性がある。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。