八戸海上保安部によると、21日午前9時過ぎ、八戸沖にほぼ沈んだ状態で残っている座礁船で男性潜水士(61)が撤去作業中、船内でガス爆発が起きた。潜水士は青森県八戸市内の病院に運ばれたが、命に別条はない。潜水士は船体外板に穴を開ける作業をしていた。