青森県弘前市は19日、新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込んだ市内タクシー事業者に対し、1台当たり7万5千円の支援金を給付すると発表した。運転代行事業者にも、1台につき5万円を支給する。市は必要経費を盛り込んだ2021年度一般会計補正予算案(第11号)を26日開会の定例市議会に提出。給付を早めるため、市議会は同日に審議・採決する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から