記者会見する岡田さん(中)ら青森レインボーパレード実行委員会のメンバーと、同席した弘前大学男女共同参画推進室の山下梓助教(右)

 柏木司副知事は18日、自治体が性的少数者のカップルを婚姻相当と認める「パートナーシップ制度」の早期導入を目指す意向を示した。青森県庁で市民団体「青森レインボーパレード実行委員会」からの要望に答えた。導入時期については明言を避けたが、県側は「少しでも早く導入したい」との考えを見せている。県単位での導入実現となれば、東北6県では初めてとなる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。