新人賞のレコーディングで写真に納まる小山内圭(左)と演歌歌手の大川栄策

 青森県板柳町出身で愛知県在住の作詞家小山内圭(74)作詞の「男泣かせの雨が降る」が、日本作詩家協会主催の「第54回日本作詩大賞」の新人賞部門で最高賞の最優秀新人賞を受賞した。2012年は優秀新人賞で、雪辱を果たした小山内は「10年のうちに2度も上位2曲に選ばれ、これほどうれしいことはない」と喜ぶ。同曲は12月8日、演歌歌手・大川栄策の歌でCD発売される。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。