八戸市中心街で動画撮影を行う八戸青年会議所関係者ら

 八戸青年会議所(外舘友之理事長)は、八戸市民らの郷土愛を醸成することを目的とした動画を制作している。住民の地元に対する意識を高めようと取り組む「ラブはちのへ運動」の一環。同会議所会員や地元モデルらが出演するストーリー仕立ての内容で、1本2分の動画計5本を撮影した。21日から動画投稿サイト「ユーチューブ」の同会議所公式チャンネルで配信予定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から