青森県で開催予定の2026年国民スポーツ大会を見据え、高校生を指導する飯田さん(右)
故郷にUターンし「水球をメジャーにしたい」と語る飯田さん

 2016年リオデジャネイロ五輪の水球男子日本代表で、昨年現役を引退した飯田純士(あつと)さん(27)=青森商-日体大出=が今秋、故郷の青森市にUターンし、第二の人生を歩み始めた。今後は社会人生活と並行し、地元の後進育成にも注力するといい「水球をメジャーなスポーツに」と青写真を描いている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。