番場部長(右)に要望書を手渡す安田理事長=12日、弘前市役所

 車を持っていることを理由に生活保護を受給できない人がいるとして、青森県弘前市で健生病院などを運営する津軽保健生活協同組合は12日、市に対し、受給基準の緩和を要請した。市は全国一律の基準で運用していることに理解を求めた上で、例外規定もあるとして「ぜひ相談してほしい」と呼び掛けている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。