「小赤川橋災害復旧監督員詰所」の看板を掛ける一戸所長(右)と宮下市長

 8月の大雨で崩落した、青森県むつ市大畑町の国道279号小赤川橋の本復旧工事に向け、国土交通省東北地方整備局青森河川国道事務所が15日、むつ市役所大畑庁舎2階に「小赤川橋災害復旧監督員詰所」を開設した。橋の本復旧は国が県に代わって直轄権限代行で実施、2022年度末の完成を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から