大果大阪青果で行われたサンふじの初売り(つがる弘前農協提供)

 つがる弘前農協(青森県弘前市)が出荷した2021年産リンゴ「サンふじ」の初売りが13日、東京都の東京青果と大阪府の大果大阪青果で行われた。1ケース(10キロ)当たりの平均価格は東京で前年比1415円高の5511円、大阪で1204円高の5955円だった。同農協によると、いずれも、品薄で異例の高値を付けた11年産以降、最高値となった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から