リサイクル燃料貯蔵(青森県むつ市、RFS)は12日、原子力規制委員会に対し、使用済み核燃料中間貯蔵施設の安全対策工事に必要な「設計・工事計画の変更認可」(設工認)の第2回申請を行った。最終となる今回は、貯蔵建屋、燃料を収納する金属容器(キャスク)、燃料の受け入れ区域に設置している天井クレーン、キャスクを搬送する台車など残る全ての内容を網羅した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から