八戸市の一王寺遺跡から出土した国内最古とみられる縄文時代中期前半の土面

 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館は12日、同市是川の一王寺遺跡から、縄文時代中期前半(参考値で約5300~5100年前)の土製品で、人の顔面を表現した「土面」が出土したと発表した。これまで国内では約150点の出土例があり、徳島市の矢野遺跡から見つかった縄文後期初頭(約4千年前)の土面=国重要文化財=が最古だった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。