県と青森市は12日、同市居住の30代男性1人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。男性は8日に喉の痛みなどの症状が現れ、市内の医療機関を受診した。市保健所によると、男性はワクチンの2回接種を終えていた。

 県内で新規感染者が確認されたのは9日以来。入院者数はゼロ、病床使用率は0.0%で前日から変わらない。自宅療養者数は前日の2人から1人に減った。人口10万人当たりの1週間新規感染者数は、東奥日報試算で0.16人。前日から0.08ポイント増えた。