青森県三沢市は11日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を12月から実施すると発表した。医療従事者から始め、高齢者施設の入居者・従業員は来年1月、一般の65歳以上の市民や基礎疾患がある人は2月以降に行う。

 2回目の接種後おおむね8カ月が経過した市民が対象。市は接種対象月の前月中旬以降、接種券を郵送する。コールセンターや市のウェブサイトで予約を受け付ける。受け付け開始時期は未定。

 市によると、12歳以上の市民3万4914人のうち、8日現在で84.88%に当たる約2万9635人が2回目接種を終えている。