八戸市の一王寺遺跡から出土した縄文時代で国内最古の土面

 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館は12日、同市是川の一王寺遺跡から縄文時代中期前半(約5300~5100年前)の土面が出土したと発表した。縄文時代の土面として、国内最古となる。