「八戸発サバおでん」を紹介する沢上社長

 青森県八戸市のすし店「俵屋」と宮城学院女子大学(仙台市)の学生らが共同で開発した「八戸発サバおでん」の販売が5日、同店と同市のサバ料理専門店「サバの駅」で始まった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から