■ コーヒー飲料の購入金額、日本一 (2012年2月28日掲載)

 
 

 大人の飲み物のイメージが強い缶(かん)コーヒー。小学生はあまり飲まないと思うけど、実はコーヒー飲料を一番多く飲むのが青森市民なんだよ。

 国の調査(ちょうさ)によると、1家族が1年間に買うコーヒー飲料(液体(えきたい)。ただしコーヒー牛乳(ぎゅうにゅう)を除(のぞ)く)は、青森市が5214円でトップ。2位が福井(ふくい)市、3位が富山(とやま)市で、全国平均(へいきん)は3712円です。

 逆(ぎゃく)に一番少ないのが静岡(しずおか)市の1906円。青森市の家族は静岡市に比(くら)べると1年間で約3300円も多くコーヒー飲料を買っています。単純(たんじゅん)に缶コーヒー1本の値段(ねだん)を120円とすると、青森市の家族は静岡市の家族よりも1年間で27本も多く買って飲んでいることになりますね。

 ところが、か粒(りゅう)、粉末、インスタントなどのコーヒーの購入金額(こうにゅうきんがく)をみると、青森市は全国で23位と真ん中位です。

 また、他の飲料(購入金額)をみると、炭酸(たんさん)飲料、果実・野菜ジュースが1位だったほかは、緑茶(りょくちゃ)36位、紅茶(こうちゃ)47位、ココア35位と全国平均を下回っています。

 コーヒー飲料最下位の静岡市は緑茶が1位。紅茶の購入数量1位の宇都宮(うつのみや)市(栃木(とちぎ)県)はコーヒー飲料31位です。地域(ちいき)によって、好みが全然違(ちが)うんですね。

 清涼(せいりょう)飲料水評論家の清水(しみず)りょうこさん(東京都)は「青森市がコーヒーではなく、コーヒー飲料で1位というのは興味深いですね。同調査で外食における喫茶代は青森市が2103円と全国で最下位。コーヒーは家でいれたり、喫茶店で飲むのではなく、手軽に買える缶コーヒーなどを楽しんでいるようです。反対にコーヒー飲料をあまり飲まない静岡市は言わずと知れたお茶どころ。日常(にちじょう)的に緑茶を飲む習慣(しゅうかん)が見えてきますね」と話しています。

 また、今回は特別に、お酒類の購入金額のランキングも表にしました。お父さん、お母さんに教えてあげたら、びっくりするかもね。


>>週刊JuniJuniトップページに戻る
これまでの記事
10/2 13:10 もやしの年間購入量、日本一
9/11 13:43 全国2位/やきとりの購入金額
8/21 13:27 金メダル獲得 全国最多/ロンドン五輪
7/31 13:25 小5・中2「体格」全国トップクラス
7/10 14:16 青森市の魚介類購入量日本一
6/19 13:11 「動物園や遊園地楽しむ人」全国最下位
5/29 12:57 ストッキングの生産量日本一
5/1 13:30 読書を楽しむ人の割合 全国最下位
4/10 13:08 青森市の積雪・降雪量日本一
3/20 11:11 スポーツ観覧、全国最下位
2/28 13:12 コーヒー飲料の購入金額、日本一
2/7 14:28 1世帯のパン購入金額、全国最下位
1/17 14:16 豚肉の購入数量、日本一
12/20 14:49 早起き早寝 日本一
11/29 13:49 E5系はやぶさ最高速度320キロ、日本一
11/8 13:33 果実・野菜ジュース購入金額、日本一
10/18 12:39 風力発電の発電量、日本一
9/27 13:12 家の外で食事する時の金額、全国最少
9/6 13:08 カップめんの購入金額日本一
8/16 12:47 公衆浴場の数日本一
7/26 14:27 チョコレートの購入金額、全国最下位
7/3 0:50 トイレットペーパー、ティッシュ購入金額日本一
6/12 8:07 炭酸飲料の購入金額日本一
やればできる!コロナ下でも創業 津軽の5つのチャレンジ物語…
東京大学安田講堂
地方選挙区の議員も東京っ子。脈々と続く「荘園文化」
【イラスト】明治天皇の東京行幸(フランスの新聞雑誌『ル・モンド・イリュストレ』1869年2月20日刊行号内の挿絵=パブリックドメイン(著作権消滅)素材、「ウィキメディアコモンズ」から)
「東京の中の“地方”」その4 江戸が首都になったわけ。幻と…