県立中央病院(青森市)と青森市民病院の将来像を検討する有識者らの「あり方検討協議会」は10日、両病院の方向性について「共同経営の上、統合病院を新築整備することが最も望ましい」とする提言を取りまとめた。青森市のホテル青森で開いた会議で決定した。12日、県と青森市に提言する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。