秋田県横手市の養鶏場で今季初の高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されたことを受け、青森県は10日、県内で家禽(かきん)を飼育する各農場に対し、家禽の異常の有無や健康状態を確認する作業を始めた。同日夕時点で異常は確認されていない。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から