青森県五所川原市は9日の定例記者会見で、2021年産米の価格下落と肥料などの生産資材の高騰に対する支援策の詳細を発表した。主食用米作付面積10アール当たりで、米価下落による赤字分に4千円、生産資材の増加分に2千円の計6千円の補助金を農家に支給する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から