町役場向かいのいこいの広場で点灯が始まったイルミネーション

 青森県六戸町の官庁街通り「いこいの広場」にイルミネーションが登場し1日夕、点灯式が行われた。発光ダイオード(LED)電球2万6千個が広場全体を照らし、幻想的な雰囲気を生み出している。点灯は毎日午後5~10時、来年2月末まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。