愛好家が丹精込めて育てた菊が並ぶ「はちのへ菊まつり」
菊人形「川中島の戦い」

 第50回はちのへ菊まつり(青森県八戸市、八戸市を緑にする会主催)が6日、八戸市の「はっち」と「マチニワ」を会場に開幕した。市内の菊作り愛好家をはじめ老人クラブ会員、小中学生らが丹精込めて育てた菊の大輪や盆栽、切り花、菊人形など約300点が並び、来場者を楽しませている。8日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。