東北電力の岩渕伸一・執行役員青森支店長は4日、青森市のアップルパレス青森で定例会見を開いた。高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)最終処分場の選定に向けた文献調査が行われている北海道寿都(すっつ)町の町長選で調査推進派の現職が6選したことについて、「町民が選んだ結果」と直接のコメントを避けたが、「発生者としての責任を有する立場から、早期に処分先が決定するよう取り組みを進める」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から