青森県平川市は4日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を12月から実施すると発表した。医療従事者から始め、高齢者施設入所者は来年1月、一般の65歳以上の市民は2月、64歳以下は4月から行う。希望者への接種完了は来年8月ごろの見込み。

 2回目の接種後、8カ月が経過した市民が対象。一般の65歳以上の接種医療機関や日時は市が指定して通知する。

 64歳以下はウェブと電話で予約を受け付ける。接種券は11月から順次、接種月の前月に発送する。

 市によると10月23日現在で、12歳以上の市民約2万8千人のうち、約2万1千人が2回目接種を終えている。