2022年版の県民手帳(上列)。下列は、今年初めて発売するこぎん刺しのブックカバー

 青森県統計協会は15日から、2022年版の県民手帳を県内の書店などで販売する。表紙に伝統工芸品「こぎん刺し」「菱(ひし)刺し」の模様をあしらった限定版は22年版でも発売するが、「人気が高く入手しにくい」との声に応え、新たに手帳専用の「こぎん刺しブックカバー」が登場した。計100枚の限定販売で、希望者が多い場合は抽選となる。こぎん刺しのカバーは弘前市の「弘前こぎん研究所」が一つ一つ手作りしたもので、デザインは4種類(各25枚)。価格は送料込みで2200円。希望者は14日までに、電子メールで同協会(a_tokeikyokai@pref.aomori.lg.jp)に申し込む。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。