青森県は2日正午、大雨による土砂崩落の恐れが高いとして通行止めとしていた、国道279号の風間浦村易国間-同村下風呂間(3.5キロ)について、通行止めを解除した。県は安全が確認できたとしている。