竪穴住居の中で縄文食を味わうツアー参加者

 世界文化遺産に登録された青森県つがる市の亀ケ岡石器時代遺跡と田小屋野貝塚を巡るツアー「亀ケ岡石器時代遺跡を歩く、食べる、学ぶ」が10月30日、同市で開かれた。県内各地から13人が参加、縄文人が使ったと考えられる食材を用いた縄文食を、復元された竪穴住居の中で味わい、縄文時代にタイムスリップしたような感覚で当時の暮らしや文化に親しんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。