整備が進む大平山元遺跡を視察する通訳ガイドの会のメンバーら=29日、外ケ浜町

 世界文化遺産登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」を海外の観光客らにアピールしようと、青森県の通訳案内士らでつくる「青森Michinoku通訳ガイドの会」(石戸谷正晴会長)と県は10月29~31日、県内の遺跡でモニターツアーを実施した。参加者は、縄文時代をリアルに感じてもらうための工夫などを現地で検討した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から