青森県は1日、弘前市の新型コロナウイルスワクチン広域接種会場で保管していた米モデルナ製ワクチン6610回分を廃棄すると発表した。ワクチンを保管する冷蔵庫が通電しておらず、冷蔵庫の温度が適正な値を上回っていた。県は廃棄に伴い、今週末に発生する不足分ワクチンについて、追加配分を受けられるよう厚生労働省と協議している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。