弘前市で発見された忍者屋敷を前に、絵本をPRする清川教授(中央)ら

 かつて弘前藩に実在した忍者集団「早道之者(はやみちのもの)」を題材に、青森大学総合研究所は同大の清川繁人教授が監修した絵本「弘前にんじゃ昔ばなし」をつくった。前半は絵本、後半は早道之者に関する読み物となっており、子どもから大人まで楽しめる観光ガイドブックも兼ねた内容。青森県弘前市内の小学校などに贈る予定で、関係者が10月28日、桜田宏市長を訪ね報告した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から