【青森山田-浦和ユース】後半36分、コーナーキックのこぼれ球を押し込む青森山田のDF多久島(左から5人目)

 サッカーの高校年代日本一を争う高円宮杯U-18プレミアリーグは31日、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた3試合を行った。東地区首位の青森山田は、同校グラウンドで東地区最下位の浦和ユース(埼玉県)と対戦。一進一退で迎えた後半36分、コーナーキックのこぼれ球をDF多久島が押し込み、1-0で勝ちきった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。