【弘前工-五所工・五所工科】第2セット、弘前工の鳴海がスパイクを決める=青森市のカクヒログループスタジアム
【青森西-三沢商】第2セット、青森西の澤野がスパイクを決める

 全日本バレーボール高校選手権(春の高校バレー)出場を懸けた県代表決定戦決勝が31日、青森市のカクヒログループスタジアムで開かれた。男子は弘前工が五所工・五所工科に3-1で勝って2年連続42回目、女子は青森西が三沢商を3-0で破って5年連続18回目の本戦出場を決めた。男子の弘前工は第1セットを落としたものの、メンバーを一部入れ替え、鳴海を中心に積極的な攻撃を展開。3連続でセットを連取した。女子の青森西は第2、3セットともつれたものの、澤野や中田のスパイク、宮古のミドル攻撃などで、粘る相手を押し切った。春高バレーは2022年1月5日、東京都で開幕する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。