校歌に聞き入る生徒ら出席者

 県立高校再編の一環で本年度末に閉校する青森県田子町の田子高校(小野淳美校長)は30日、同校で閉校式を開いた。最後の生徒となった3年生8人や教職員、教育関係者ら約200人が、前身の三戸高校田子分校から独立昇格してから44年の歴史を振り返りながら、地域と共に歩んだ学校との別れを惜しんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。